京都アニメーションは、何故大惨事になったのか?(その2)法の趣旨解釈の誤りかな

多くの報道やサイトでは、「今回の建物の違法性はない」というコメントが多いですが、その根拠は非常にあやふやです。3つの例を挙げると

■消防法上の違法性がないというコメントが多いようですが、建築の火災について、防火区画や排煙に関することは建築基準法です。テレビで「元東京消防庁の○口隆夫」という方が「法律違反はありません」と言っていましたが、これは消防法上のことに限ってだと思います。

■また、一般の方が、建物の避難ということで、建築基準法の「避難階段」の設置要件を調べて、避難階段の設置は5階縦以上の物件からと考えていますが、これは「避難階段」の設置要件であり、世の中の全ての階段が避難階段により避難するわけではありません。「避難階段」以外の階段でも安全に避難できるようにしなければならないのです。

■今回の、建築上の問題点は、「防火区画」の内「竪穴区画」(建築基準法施行令112条9)がしっかり確保されていなかったことです。

竪穴区画とは、ざっくり言うと、吹き抜けや階段などで上下階の空気がつながってしまうと、火災時の煙が全体に広がってしまうので、それを防ぐ区画が必要になるということです。

ですから、今回のような3層にまたがる階段の場合は、竪穴区画をつける必要があります。いくつかの緩和規定がありますが、今回はその緩和規定には当たりません。

今回は、この竪穴区画の条文の裏技的解釈により、竪穴区画が免除されていると推察します。

裏技的な解釈とは。この規模の建物だと建物の耐火性能は「準耐火建築物」以上にしなければなりません。しかし「準耐火建築物」の中に「ロ準耐-2」という構造があり、主要構造部を「準耐火構造」より脆弱にすることで竪穴区画を免除できることになる。という解釈が可能になるのです。

これは、知っている人は知っているという裏技的解釈で、一級建築士でも知らない方も多いと思います。

問題の条文は、「竪穴区画」を規定している建築基準法施工例112条9の冒頭で、「主要構造部を準耐火構造とし、かつ、地下又は3階以上の階に居室を有する建築…」とあり、この階段部分を区画せよということなのですが、「主要構造部を準耐火構造」にしなければ区画しなくても良い。と読めてしまいます。ですから、準耐火構造よりも脆弱な耐火性能、例えば不燃程度、にすれば竪穴区画が免除されるという不思議な解釈が導かれてしまうのです。

でも、これは全くおかしな話で、「耐火性を脆弱にすることで避難経路の安全性を低くすることができる」緩和っておかしくありませんか?通常緩和とは、何か他の安全性が確認できるから、条文で必要なものを免除できるとういうのが常識なのではないのでしょうか?

建築基準法のほとんどは仕様規定です。仕様規定とは「こういう場合にこのような措置をしておけば良い。」という取り決めであり、「これだけの火災に危険性があるから、これだけの措置が必要」というような根拠に基づいたものではないのです。

ですから、今回のような裏技てきな法解釈がまかり通り、このような惨事につながったのだと思います。

ただ、法は法なので、裏技とはいえ違法ではないのです。今回のような物件の場合に限らず、趣旨から考えるとおかしい場合などは、合理的な検討が必要と考えます。例えば「煙の降下時間>避難時間」という数式で検証し、避難の安全性を担保するような手順を踏む必要があるのかもしれません。

これが、複雑になりすぎるのは申請業務が冗長になるので歓迎できませんが、少なくとも、確認申請の窓口で対応している担当者(設計者も検査する側も)が、法の趣旨を考えて避難安全の原理を理解したやり取りが必須だと思います。

何故こんな危険な建築が存在していたのか?という疑問の答えは、建築の確認審査の段階で、条文の裏技的な解釈で適合しているし、安全性の趣旨を理解しなかったことが原因と思います。

かなや設計 環境建築家 金谷直政

京都アニメーションは、何故大惨事になったのか?

34名もの犠牲者を出した京都アニメーションの火災。何故、これほどの惨事になったのでしょうか?

報道などから明らかになっている情報では、

建物の概要は、3階建て/延床面積700㎡程度/屋上に通じる区画された階段/1階から3階につながる螺旋階段

生存者の証言では、あっという間に、黒い煙が螺旋階段から建物中に広がったとのことです。

螺旋階段は、区画されていなかったので、煙の通り道になってしまったようです。建築基準法では、「防火区画」というのがあって、その中の一つに「竪穴区画」と言うのがあります。これは、上下階を結ぶ階段や吹き抜けがあった場合に、壁、扉やシヤッターなどで区画するというものです。

建物の用途や、竪穴の設置場所などにより緩和はあるのですが、今回の螺旋階段については、緩和の理由がありません。

なぜ、この螺旋階段が区画されていないのか?竪穴区画が建築基準法で規定化されたのは1967年ですので、この建物はそれ以降に建てられているとすれば、この螺旋階段は区画されていなければならないはずです。

京都固有の緩和規定があるとも思えません。考えられるのは、

・確認検査での判断ミス。

・完成後に改修があった

等、でしょうか?そうなると、、この惨事の原因は、放火だけではないかもしれません。

かなや設計 環境建築家 金谷直政

下町ドンツキの家

路地の突き当たり12坪の敷地に建つ

ここは、東京の下町墨田区京島。都心の近くでありながら、木造の低層住宅が密集している地域です。

また、曲がりくねった道が特徴で、独特な景観を作り出しています。

歩いていると、猫が寝ていたり、子供が道路に線を引いて遊んでいたり、どこか懐かしく心地よい街ですが、都内有数の木密地域として震災時の危険性が話題になっている地域です。

そんなこともあり、本建物では、耐震等級3の強度で設計してあります。

1.5倍の耐震強度!

耐震等級3とは、建築基準法で必要とされる強度の1.5倍の強度になります。災害時には絶対に壊れてはいけない警察署や、消防署と同じ強度です。

それだけの強度にすると建設費も高くなると思いがちですが、実は、通常の建物とあまり変わりませんでした。耐震性を高くするとフラット35の金利が安くなるのでトータルではむしろ徳なくらいでした。

そんな、典型的な東京の下町にあった古い木造の家の建て替えの相談を受けました。

2階LDK 光を取り入れる高窓はキャットウォークになっている
2階LDK見返し キャットウォークにつながる段々の棚は、猫の階段
階段、棚、手摺はシラカバ合板

かなや設計 環境建築家 金谷直政

設計料無料ということ

環境建築家の金谷です。

東京の下町、墨田区京島で設計事務所をやっています。所員が数名と、ネコがいるこじんまりとした設計事務所です。

最近、アパートの施工不良が巷をにぎわせています。一つはレオパレス21の界壁が無い共同住宅。もう一つは大和ハウスの共同住宅の外部廊下の柱部分の認定不適合です。

レオパレスについては、壁が薄くて音がまる聞こえという話は以前から良く聞いていたので、「やっぱりね~、そだねー」って感じです。隣の住戸との間の界壁が不十分だと、やはり音は良く聞こえてしまいます。レオパレスあるあるですが、宅配便が玄関のチャイムを鳴らすと、同じ階の住民が一斉に、玄関のドアを開ける。という笑い話も聞きますが、本当だとしたら笑い事ではありませんね。

一方、大和ハウスについては、歴史もありますし、あくまでもイメージですが、コンプライアンスもしっかりしていそうで、まさか、そんなことが起こるとは思いませんでした。

また、施工不良ではありませんが、積水ハウスの浜松支店でも、2009年に、確認申請書の副本を偽造したという事件がありました。

なぜ、こんなことがおこるのでしょうか?表題にも書きましたが、このいずれの事例も発注者に対して「設計料が無料」もしくは、非常に安く示されています。それが、どういう事かというと、発注者の立場に立って、建物の出来を確認する専門家が居ないということです。

いづれの場合も、会社という組織が主体となり、技術者を雇い、会社の方針の元、技術者に対して指示しコントロールしています。そういった雇用関係では、本来、施工の間違いを正すべき設計者が、自分の役割をまっとうすることができるのでしょうか?

言いたくは有りませんが、会社の利益に背いて不正を正す設計者は、社内では「技術者は融通が利かない!」「仕事を取ってきているのは営業なのに、エラそうなことを言うな!」と言われることは想像に難くありません。

ですから、法律では、建物を作る際には、施工者と設計者を明確に分け、建築士という資格を設けているのです。設計料無料の住宅メーカーや不動産業社などの会社は、社内での設計技術者の発言力が弱いということに他なりません。

建物の安全を確認するべき設計者が、専門外の上司や営業職に遠慮しながら設計・監理をしているような建物は、例えるなら、薬局が内科医を雇って大量の処方箋を出して利益を上げるようなものです。

イメージして下さい。巨大な薬局が経営している病院!そこでは内科医を雇っています。内科医は一生安泰な職場と高額な報酬が得られ、さらに定時にきっちり変えることが出来るので、気に入って勤めています。病院の医院長は医者ではなく薬局の社長です。

「診察料は無料」のこんな病院、あなたは信用できますか?いっぱい処方箋を出してくれます。それは、薬局が儲かるから。そんな病院に行ってみたいですか?

もちろん、こんな病院はありません。今は、基本的に医薬分業で、病院と薬局は別の法人が経営する必要があります。利益を上げようとする経営者と真摯に医学という真理を行う医者は、独立した立場にあります。医療の世界では当然なことが、建築の世界では、曖昧になっています。

むしろ、利益を最優先する住宅メーカーや不動産会社の方が、CM等を通して、私たちにアピールしてきて、イメージUPに努めてきているのです。

設計料無料に払う代償は大きいと思います。

施工者とは別の立場で行う現場監理

投資について

こんにちは、環境建築家の金谷です。

投資と聞くと、リスクがあってとても危険なイメージをお持ちの方もいるかと思います。確かに、全くリスクがないかと言うと、そうではありませんが、リスクを正しく理解し、無理のない範囲で投資を行えば、きっと、あなたの資産形成を助けくれます。

株、債券、投資信託、REIT(リート)など、投資と言っても、様々な投資があります。特に株が投資のイメージが強いかと思います。最近では、株主優待などの福次的効果が着目され株を身近に感じる方もいるのではないでしょうか。

ところで、投資と聞くと、なんだか博打のようなイメージを持っている方、または投資には全く興味がないという方も、自分でも知らないうちに投資の恩恵を受けているモノがあのです。なんだかわかりますか?

それは、生命保険などの保険です。

保険会社は、保険契約者から預かったお金を様々な投資対象に投資します。もちろん比較的安全な国内債券、外国債権や国内の優良株式に投資し、その運用益を生命保険の払い戻し金などに充てています。ですから、もしものための備えとして加入している保険であっても実は、リスクを抱えながら投資によって、皆さんから預かった保険料を運用し、資金を増やしているのです。

何故、リスクを抱えてまでもそんなことをするのでしょうか?

2018年現在、銀行の金利は、三大メガバンクの1年定期で0.01%です。100万円預けて100円!これでは、利息とは名ばかり、手数料を引いてしまえばマイナスにもなりかねません。

ですから、低金利の貯蓄よりも、よりリターンの多い投資は、将来の資産形成にとても重要な方法なのです。

公的年金も、国内債券35%、国内株式25%、外国債券15%、外国株式25%と分散投資をし、収益を上げています。もちろん、約束されたものではないので、2008年にあったリーマンショックの後は、2年間、単年度収益はマイナスになっていました。

しかし、長期的に見れば、リスクをとりながら投資し続けることでトータルの収益はプラスになっています。リーマンショックのようなめったに起こらない変動があっても、直近の2・3年の乱高下に惑わされずに5年、10年と持ち続けていれば、増えていることからも、投資が資産を増やす有効な方法だと言えるのではないでしょうか?

しかし、ここで注意しなければならないのが、どういったものに投資するかということです。

プロのトレーダーが、日々の株価の変動に目を光らせている投資信託でさえ、うまくいっているものばかりではありません。ましてや、我々のような一般の人間が、新聞やニュースで得られる情報で売買して、確実に収益を上げることなんて、確実性がまったくありません。

ファイナンシャルプランナーとして、オススメなのは、投資信託の中でも、日経平均株価や、TOPIX連動のインデックスファンドのような低い手数料で、比較的長期にわたって、投資を続けることではないかと思います。

年金積立金全体の収益(単年度)2017厚労省

新着News

かなや設計は、環境技術と弱者視線で快適をデザインします。見た目が良いだけではなく、使ってみて快適なデザインを追求。見た目も性格も良い人のような建築を作ります。

もう一つのホームページもご覧ください

トピックス

2017年9月 都市型軽費老人ホーム「さんいくハイツ東あずま」が完成しました。

2016年3月 東京商工会議所のホームページに紹介していただきました。new

2016年2月 墨田区に事業物件「文花Hハウス」が完成しました。new
2016年2月 墨田区に「京島E邸」が完成しました。new
2015年11月 墨田区に「S邸」が完成しました。new
2015年10月 墨田区に「ケアハウス押上」が完成しました。new
2015年6月 川崎市に「なかはら在宅サポートセンター」が完成しました。new
2015年3月 「さくらんぼハウス」が完成しました。new
2014年7月 札幌市資料館リノベーションアイディアコンペ一次審査通貨しました。
2014年 「西大泉老人保健施設」コンペ当選
2013年6月 「にしじま小児科」が完成しました。
2012年7月 NEDO「新エネルギーベンチャー技術革新事業」に採択され、地中熱、太陽熱等の自然エネルギー有効利用の研究開発を始めました。
2012年2月 「さんいくハイツ東墨田」が完成しました。地中熱と壁冷暖房を利用した日本初の建物。
2011年9月 UIA2011東京大会にパネル展示。9/27(火)9時-17時 東京国際フォーラム ルームG601
2011年9月 「建築知識」2011年10月号に弊社開発の「壁冷暖房」を紹介させていただきました
2011年8月 「さくまクリニック」 完成
2011年6月 「スカイツリーの見える住居併用町工場」 竣工
2011年5月 専攻建築士【まちづくり】【統括設計(医療施設、福祉施設)】認定
2011年4月 環境・設備デザイン賞 入賞
2010年10月 川崎協同病院小児科改修工事 完成
2010年7月 中野区の狭小敷地 バリアフリー住宅が竣工
2010年2月 下町2つ地面の家住まいの環境デザインアワード2010の環境デザイン優秀賞を受賞
2009年5月 放射式冷暖房「壁冷暖房」の体験型ショールームが完成 見学随時受付中
2009年4月 下町2つ地面の家が竣工
2009年3月 横浜バウムハウスが竣工
2008年12月 川崎市Fクリニック健診センターが竣工
2008年12月 横浜市立大学付属病院で病院建築設備のリスクマネジメントセミナーを行いました
2008年11月 「東京都墨田区T診療所」が竣工
2008年11月 川崎協同病院改修改修工事が完成
2008年10月 川崎あさお診療所改修工事が完成
2008年9月 土地と建物で4000万円。23区に庭付き戸建て「家の直売」開始
2008年8月 設計料率を改定しました
2008年7月 横浜リバーサイドマンションが竣工
2008年3月 日本医師会ホームページに「壁冷暖房」が掲載されています
2005年10月 大成建設さんのホームページに「壁冷暖房」が紹介されています