アパートの耐震性は大丈夫?

まず、たてものの耐震性について、覚えておいてほしいことがあります。

それは「その建物がいつできたか?正確に言うと確認申請をいつ出したか?」

ということです。

建物の強度は、幾度となく起こった地震の経験から、少しづつ基準が強化されてきました。特に、1981年(昭和56年)の6月に改正された基準が現行の耐震基準に近い強度となります。

この年より前に建てられた建物は、現行の耐震基準を有しておらず、大きな地震、ごくまれ(数百年に一度発生する地震)に発生する地震に遭遇した場合倒壊する可能性が高いのです。反対に1981年以降に建てられた建物はこのような地震がきても倒壊することはまずありません。地震の大きさと建物の安全性[金箱構造設計事務所]

ですから、1981年という数字を是非覚えておくと良いと思います。

建物を借りるとき、不動産やさんが説明する重要事項説明の中で、建物の建築年を説明してもらいますが、どれだけの人が、その年が持つ重要性に気付いているのでしょうか? むしろ、外装や内装の新しさに目を奪われ、築年数の裏に隠されている脆弱な骨組みのことは意識しないのではないでしょうか?

熊本の地震では、1981年以前に建てられたアパートの外装と内装がきれいにリフォームされ、新築と見まごう仕上げとなっていました。そんなアパートが崩れ学生が3人も亡くなったのです。

大家さんの立場で考えてください。目に見えない構造にお金をかけるより、仕上げをきれいにし、WIFIを完備した方が、手っ取り早く、安く、入居者を引き付けることができるのです。投資効果が高いと考える大家さんが多いのが現実です。

これは、ある意味、殺人に近い行為だと思います。きれいな外見で人を惹きつけ、大きな地震で崩れ入居者が死んでしまう。まるで。食虫植物が、甘い蜜を出して獲物を引き寄せているような恐ろしい光景が、頭をよぎります。

「安い」「キレイ」「風情がある」という魅力の裏には危険が潜んでいることを知っておかなければなりません。特に、経験の少ない若い学生には、周りの大人が気づいて、危険なアパートには住まわせないよう気を付けたいものです。

かなや設計 環境建築家 金谷直政

全国賃貸住宅新聞に「京島ゆずテラス」掲載

全国賃貸住宅新聞に京島ゆずテラスを掲載していただきました。

今回は、地中熱と太陽光発電を組み合わせた冷暖房設備について詳しく記事にしていただいています。

私の年齢が66歳になっているのはご愛敬です(^-^;

YUZU terrace_press
全国賃貸住宅新聞2019年11月18日号

発泡ウレタン吹付

断熱材として「発泡ウレタン吹付け」を使いました。

断熱材には、大きく分けて

・ロックウール、グラスウールなどの繊維系断熱材と、

・ポリスチレンフォーム断熱材、発泡ウレタンなどの樹脂系断熱材

があります。今回は、発泡ウレタンを使用しました。

発泡ウレタンの特徴は、断熱性能が良いため、壁の厚さを薄くして内部空間を広く確保することができます。

ただ、欠点としては、値段が高い、高温にさらされると発火し、燃えることがあります。一応難燃処理しているので、通常の炎に触れた程度では発火しませんが、溶接の火花等、高温の火元に触れると発火するようです。

「京島ゆずテラス」では、外壁に50mm、屋根スラブに100mmの厚さで吹き付けてあります。通常の建物の倍程度の厚さなので、断熱性能は大変高くなっています。

京島ゆずテラス

”京島ゆずテラス”工事現場全体の動画をUPしました!

先週、最上階までコンクリートの打設が終わったので、1階から屋上のテラスまでの紹介動画をとりました。

自分が出演する動画は初めてで、5テイク目の撮影でようやくUPできました(^-^;

最上階のテラスまでコンクリートが打ちあがりました

鉄筋の結束(最上階)

最上階のコンクリート打設の前に、配筋(はいきん)工事が進んでいます。
コンクリートは打設されると、配筋の様子も確認できないし、間違っていてもやり直しができません。
その配筋を現場監督がチェックし、更に設計事務所が確認させてもらいます。
・かぶり厚さ(型枠と鉄筋の距離が適正か)
・鉄筋の種類(太さがあっているか)
・定着長さ(太さの何倍が確保されているか)
などを確認します。
まるで鉄の編み物のような細かい作業です。
ですから、熟練の職人が細心の注意を払い組んでいきます。