投資について

こんにちは、環境建築家の金谷です。

今日は、不動産投資について、書いてみます。投資と聞くと、リスクがあってとても危険なイメージをお持ちの方がもいるかと思います。確かに、全くリスクがないかと言うとそうではありません。リスクを正しく理解し、無理のない範囲で投資を行うことを基本として、考えていきたいと思います。

投資には、株、債券、投資信託、REIT(リート)など、証券会社で扱っているものがあります。この中では株が一番典型的な投資ではないかと思います。最近では、株主優待などの福次的効果が着目されて、株を買うこともあるようです。

投資には全く興味がないという方も、自分でも知らないうちに投資の恩恵を受けているモノがあります。それは、保険です。

保険契約者から預かったお金を様々な投資対象に投資します。もちろん比較的安全な国内債券、外国債権や国内の優良株式に投資し、その運用益を生命保険の払い戻し金などに充てることになります。

2018年現在、銀行の金利は、三大メガバンクの1年定期で0.01%です。100万円預けて100円!これでは、利息とは名ばかり、手数料を引いてしまえばマイナスにもなりかねません。

ですから、低金利の貯蓄よりも、よりリターンの多い投資は、将来の資産形成にとても重要な方法なのです。

公的年金も、国内債券35%、国内株式25%、外国債券15%、外国株式25%と分散投資をし、収益を上げています。もちろん、約束されたものではないので、2008年にあったリーマンショックの後は、2年間、単年度収益はマイナスになっていました。

しかし、長期的に見れば、リスクをとりながら投資し続けることでトータルの収益はプラスになっています。

年金積立金全体の収益(単年度)2017厚労省

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です