鉄筋の結束(最上階)

最上階のコンクリート打設の前に、配筋(はいきん)工事が進んでいます。
コンクリートは打設されると、配筋の様子も確認できないし、間違っていてもやり直しができません。
その配筋を現場監督がチェックし、更に設計事務所が確認させてもらいます。
・かぶり厚さ(型枠と鉄筋の距離が適正か)
・鉄筋の種類(太さがあっているか)
・定着長さ(太さの何倍が確保されているか)
などを確認します。
まるで鉄の編み物のような細かい作業です。
ですから、熟練の職人が細心の注意を払い組んでいきます。