発泡ウレタン吹付

断熱材として「発泡ウレタン吹付け」を使いました。

断熱材には、大きく分けて

・ロックウール、グラスウールなどの繊維系断熱材と、

・ポリスチレンフォーム断熱材、発泡ウレタンなどの樹脂系断熱材

があります。今回は、発泡ウレタンを使用しました。

発泡ウレタンの特徴は、断熱性能が良いため、壁の厚さを薄くして内部空間を広く確保することができます。

ただ、欠点としては、値段が高い、高温にさらされると発火し、燃えることがあります。一応難燃処理しているので、通常の炎に触れた程度では発火しませんが、溶接の火花等、高温の火元に触れると発火するようです。

「京島ゆずテラス」では、外壁に50mm、屋根スラブに100mmの厚さで吹き付けてあります。通常の建物の倍程度の厚さなので、断熱性能は大変高くなっています。

京島ゆずテラス