猫が遊ぶ「下町ドンツキの家」

今年(2019年)7月に竣工した下町ドンツキの家、依頼主は、設計の最中から、家が完成したら猫か犬を飼いたいとおっしゃっていました。奥様は猫派、旦那様は犬派、どちらを飼うかは決まっていませんでしたが、弊社事務所で打ち合わせの度に一級ネコ建築士のホクトが、旦那様の膝に乘って、猫のメリットをアピール。何度か打ち合わせをしているうちに旦那様も「猫もいいな~」となり、猫を飼うことになりました。

一級ネコ建築士ホクト
一級ネコ建築士ホクト 京島の猫人口増加に貢献

生まれて3ヶ月のラグドールのポンタ君、階段状の棚に挑戦です。この段を上がると、横長の窓の窓台がキャットウォークになっています。日が当たり気持ちの良い場所なので、そこを目指して下りたり上ったりする予定。

生まれて3ヶ月のラグドールのポンタ君

まだまだ、おっかなびっくりですが、奥様から、窓台のキャットウォークまで自分で上がって歩いている様子の動画を見せてもらいました。これからが楽しみです。

かなや設計 環境建築家 金谷直政