下町ドンツキの変形15坪に建つアパート

メゾン・ド・セゾン入口

東京の下町に計画していた、賃貸アパートが完成しました。今年の3月にはほぼ完成していたのですが、入口回りのドア、庇、サインなどの制作がようやく終わり、この度、竣工となりました。

今回の特徴は何といっても、その立地。東京の下町の中でも特に、狭い道路が入り組んだ地域のドンツキが今回の敷地です。ドンツキは突き当り道路で、通り抜けできない道路です。

ここの敷地まで来るのにも何度も曲がり、曲がりながら奥まった道路の一番奥。ドンツキの突き当りの右側が今回の敷地です。

敷地は、ドンツキの突き当りの脇

道路に面する家の軒先には洗濯もの、路上にはバイク、自転車、上を見上げると電線。道路とは言え4m幅の道路、4mは建築が可能な道路の最小の道路です。初めて、ここに踏み入れた印象は雑然とした感じでした。

敷地面積は、15坪の変形敷地で、依頼はアパートを建てたいということでした。もともと建築の資材置き場として貸していましたが、住宅メーカーからアパート経営を進められ検討していたのですが採算が合わないため、私たちに相談にいらっしゃいました。

住宅メーカーの提案は、木造2階建ての提案でしたが、私たちは鉄骨3階建ての提案をしました。住宅メーカーの提案は、変形敷地に四角い建物を提案していたため、どうしても無駄が多く、敷地を有効に活用できていなかったようです。

敷地を有効に活用する計画

私達の提案は、鉄骨造で、平面に斜めの壁を取り入れ、その斜めの壁は、内部のアクセントとなるよう壁紙に色をつけることにしました。こうすることで、2戸しか取れなかった貸室は3戸とすることができ、事業性も格段に高くなりました。

意外かもしれませんが、木造の2階建てと、鉄骨の3階建ての建築の坪単価はそれほど変わりません。むしろ、住宅メーカーの坪単価よりも安くなりました。

15坪の変形敷地に建ったアパート

外壁の色は、道路に面している部分の色をどうするかについて重点的に検討しました。様々な色を検討し、たどり着いたのは赤なのですが、真っ赤ではなく、少しピンクがかった赤。活力を感じる色でありながら、どぎつくなく、主張をしながら少し品を感じる色で、発注者様からも気に入っていただきました。

外壁の色の検討

また、入居者のターゲーットは若い女性をイメージしていましたので、楽しく、おしゃれな雰囲気になるよう色も含め全体のイメージを考えました。

暗闇に浮かび上がるサイン

かなや設計 環境建築家 金谷直政